業務用エアコンを
お考えなら当サイトにお任せください!

業務用エアコン業界最安値!

*** 業務用エアコンお問い合わせ・お見積もり

  

 

i
業務用エアコン新着情報

2013/03/22  

 

2013/03/03

業務用エアコン修理料金を当社で業務用エアコンをご購入頂いたお客様限定特典に変更致しました。
次回ご購入までメンテナンス、出張点検費永久無料!万が一の故障も安心、格安、敏速対応!  

 

業務用エアコンのメーカー3年保証が期間限定で実施されました。
対象業務用エアコン据付期間 2013年3月1日~2014年3月31日是非お得な期間中にどうぞ!
保証期間   現行:1年(本体1年、冷媒回路部品1年)
変更後:3年(本体3年、冷媒回路部品3年)

 

業務用エアコン取扱い商品一覧
天井埋込カセット型業務用エアコン
天井埋込
ダクト型業務用エアコン
天吊自在型業務用エアコン
天井吊型業務用エアコン
壁掛型業務用エアコン
床置型業務用エアコン
厨房用業務用エアコン
クリーン
業務用エアコン

当社の

  

 


業務用エアコン特 徴 01

  

 

業務用エアコン業界最安値保証制度!

 

業務用エアコン+取り付け工事費の合計金額が他社様に比べ弊社の方が高い場合、最安値の合計金額より、さらに5%割引致します。常に業界最安値を心掛けていますが、万が一業務用エアコンのお見積もりが高かった場合、お気軽に申し付けくださいませ。

 

 


業務用エアコン特 徴 02

  

 

業務用エアコンが直接取引だから費用が安い、

 

もちろん業務用エアコンの見積もり無料!

 

お客様と当社の業務用エアコン直接取引きだからまた、インターネットを主体としていますので、業務用エアコンの広告費など余分な経費を必要としません。だから、他者様工事内容に比較して、低価格工事を実現しました。

 

 


業務用エアコン特 徴 03

  

 

業務用エアコン自社直接修理の為、業務用エアコン修理費用が格安!

 

当社では、業務用エアコンメーカー修理で培ってきたノウハウを最大限生かしお客様の業務用エアコンを全力でサポート!取り付け工事してからがお客様とのお付き合いの始まりだと思っております。

 

 


特 徴 04

  

 

他社業務用エアコン購入、中古業務用エアコンの移設、

 

業務用エアコンの取り付け工事、修理のみも喜んで承ります!

 

業務用エアコンの13年以上の取り付け工事実績がありますので、最適な業務用エアコン選定、取り付け工事をご提案致します。

 

 


業務用エアコン特 徴 05

  

 

幅の広い業務用エアコン工事対応時間!

 

業務用エアコンでは待ったなしの場面が多々あると思います。実際にお客様から依頼があり到着したときには業務に支障がでる寸前なんて時もあり、ヒヤっとする体験も幾つかありました。  

 

だからこそ、業務用エアコン取り付け工事後の修理技術のある販売取り付け工事会社のサポートが重用なのだと思います。

ですので、当社では幅広く、素早い、的確な行動をとる事に心掛けております

 

 

業務用エアコンが安いだけで決める前に取り付け工事業者に一度来てもらい、工事と業務用エアコンの両方での見積もりを出してもらう事をお勧めします。
なぜかと申しますと例えば、業務用エアコンメーカー修理対応が真夏のひどいときには一、二週間待ちなんて事をよく聞きます。取り付け業者で業務用エアコンを修理できれば取り付け工事状態もよく把握している為、敏速な対応ができますし緊急故障時の業務用エアコンをメーカー修理だけからのリスク分散にもなります。

 

  • 業務用エアコンメーカー修理の1/3より修理承り致します。
  • 業務用エアコン対応機種は全メーカーとなります。
  • 業務用エアコンの内部の構造、冷凍サイクルはどのメーカーも一緒ですのでご安心して
    ご依頼くださいませ。
  • 業務用エアコンのメーカー修理も請け負っています弊社サービスマンが敏速、
    丁寧に対応させて頂きます。
  • なお、弊社で業務用エアコンをご購入して頂いたお客様には優先的に対応させて
    頂くのはもちろんですが修理費用につきましても通常料金よりも
    特別料金にてお値打ちに対応させて頂きます。
  • 業務用エアコンの点検、見積もり無料で承り致しておりますのでお気軽に
    お問い合わせくださいませ。

 

 

 

i 業務用エアコンでやっておきたい転倒防止

 

業務用エアコンを設置する際に、ぜひやっておきたいのが室外機の転倒防止です。日本では台風や地震などの自然災害が非常に多く発生しています。これによって、室外機が転倒してしまうことによって損傷を受けるというケースが増えています。


室外機が転倒してしまうと、配管がだめになってしまうというケースや、中の冷媒ガスが漏れるという危険性があります。室外機が損傷を受けると修理にものすごい金額がかかりますし、場合によっては新しいものに交換しなければならないということもあります。


そのようなことを防ぐためには、室外機の転倒防止が非常に重要です。壁などに固定することによって室外機が転倒しないようにするというものです。転倒防止については設置する時に一緒に行うのがよいですが、あとからでも転倒防止をすることが出来ますので、室外機が転倒してしまわないか心配だという人は、転倒防止を業者に依頼してみてはいかがでしょうか?自然災害というものは、いつ起こるかわかりません。だからこそ普段からしっかりと対策を行なっておくということが大切なのです。


業務用エアコンはとても高価なものですので、大切に取り扱いましょう。

 

i 業務用エアコンの室外機の振動音を抑えるには

 

業務用エアコンの室外機の振動音が気になるという話をよく聞きます。業務用エアコンを運転している際には当然ですが一緒に室外機も動きますので、この振動音がうるさい、気になるという人も多いでしょう。また、近所の人から音がうるさいなどと注意を受けたことがあるという人もいるかもしれません。


このような振動音を抑えるための対策としては、防振ゴムを設置するという方法があります。この防振ゴムとは、室外機とスライドブロックなどの間に入れて使用します。この防振ゴムを入れることで、振動音が抑えられるという場合があります。もちろん、必ずしもすべての振動を抑えることが出来るというわけではありませんので、注意しましょう。


この防振ゴムは、どこで購入することが出来るのかということですが、防振ゴムはホームセンターで簡単に購入することが出来ます。防振ゴムの形状、大きさなどによって若干価格は異なりますが、数百円~千円程度で購入することが出来ます。すでに、室外機が設置されているという場合には、室外機を動かす時に、配管を損傷させてしまわないように注意が必要です。室外機を少し持ちあげて隙間に防振ゴムをかませるような形にすると良いでしょう。

 

i 宿泊施設向けの業務用エアコンとは

 

ホテルや旅館などの宿泊施設向けの業務用エアコンとは、いったいどのようなものなのでしょうか?このような宿泊施設の場合には、客室、ロビー、宴会場などに設置することが多いと思いますが、何よりも快適に過ごせる環境を作るということが非常に重要です。


そのような理由から、体に直接業務用エアコンの風があたらないものがおすすめです。業務用エアコンの冷風や温風が体に直接あたると不快な気分になってしまうというお客さんもいますので、配慮が必要です。次に、大切になるのが操作が簡単かどうか?という点です。最近では外国人が日本の宿泊施設に泊まるというケースも少なくありません。


すべて日本語で書かれているという場合や、操作方法が複雑であるという場合にはそのような外国人観光客の人達が上手く操作出来ずに、困るということも予測されます。そのようなことがないように、外国人の人達でも簡単に操作できるようなものがよいでしょう。ボタンが少ないシンプルなデザインのものなどであれば操作もしやすいでしょう。


さらに客室であれば寝る時に、音が気になるという場合が多いので運転する際の音が静かなものを選ぶようにしましょう。

 

i 業務用エアコンの別売品や消耗品はメーカーのホームページで購入

 

店舗や事務所、その他の施設などに導入されている業務用エアコンを見かけますが、この業務用エアコンの別売品や消耗品などはどこで購入すればよいのでしょうか?このような別売品、消耗品は各メーカーのホームページから購入することが出来ますよ。


業務用エアコンの消耗品とは、フィルターなどの物の事を言います。その他にはリモコンなどもあります。フィルターは、長年使用していると汚れなどによってダメになってしまうということがありますので、定期的に交換するようにするとよいでしょう。フィルターについては、それぞれの機種によって適合する大きさなどが異なりますので、その機種にあったものを購入しましょう。


適合するフィルターなどについては説明書に記載されています。それを確認してみるとよいでしょう。同じように、別売品に関しても説明書に記載されています。別売品については、各メーカーのホームページでも確認することが出来るのでチェックしてみると良いでしょう。注意点としては、フィルターなどは自分で交換することが出来ますが、リモコンの場合にはリモコン線を外す必要があるので、業者に依頼すると良いでしょう。

 

i 業務用エアコンが故障したら修理?それとも買い替え?

業務用エアコンを使用していると故障してしまうということがあります。とくに、設置してから7~8年程度経つとこのような故障が発生するケースが増えると言われています。故障してしまったという場合には、もちろん専門の業者を呼んで修理を行う必要があるのですが、修理と買い替えではどちらがよいのでしょうか?


これは、修理の程度と設置してからどのくらいの期間使用しているのかによって異なります。修理にどのくらいの費用がかかるのかを見ることと、仮に修理をした場合に後どのくらいの期間使用することが出来るのかを検討する必要があります。修理費用に10万円以上かかるという場合や、業務用エアコンを設置してからすでに7年~8年以上経過しているという場合には買い替えを検討するのがおすすめです。


業務用エアコンの寿命は環境などによっても異なりますが、約10~15年程度と言われています。お金をかけて修理をして後どのくらい使えるのかをしっかりと考慮して考える必要があります。修理と買い替え総合的に考えてどちらがよいのかを判断するようにしましょう。軽度の修理であれば修理がよいでしょうが、経過年数や修理費用によっては本格的に買い替えを検討しましょう。

i 業務用エアコンのニオイが気になる場合や、空気を綺麗にするならストリーマ

業務用エアコンを久しぶりに運転したら、悪臭がしたという話をよく聞きます。また、業務用エアコンの空気が綺麗なのかどうか不安という人もいるでしょう。そのような人におすすめしたいのが、ダイキンのストリーマ除菌ユニットとストリーマ脱臭ユニットです。


ストリーマという名前を1度は耳にしたことがあるという人もいるかもしれませんが、そもそもこのストリーマとはどんなものなのでしょうか?ダイキンの説明によれば、このストリーマというものはプラズマ放電の1つで、これには有害化学物質を分解するという働きがあるそうです。このストリーマの働きによって、カビ、ダニの死骸やフン、花粉などを除去することが出来ると言われています。


業務用エアコンから発生する嫌なニオイの正体はカビや雑菌、タバコのヤニ、その他のゴミなどによるものです。業務用エアコンの内部のカビの発生を抑制するのに役立つストリーマ内部クリーンユニットや空気を綺麗にしたいという人には、ストリーマ除菌ユニット、悪臭が気になるという人には、ストリーマ脱臭ユニットがおすすめです。まずは、ダイキンの製品情報をチェックしてみましょう。

i 業務用エアコンの運転音気をつけていますか?

業務用エアコンをどれにするか選ぶ時に、ほとんどの人が価格などで選んでしまうと思います。たしかに、価格は非常に重要ですが近年注目されているのが、運転音で選ぶという方法です。業務用エアコンにおいて、運転音がそんなに大切なの?と疑問に感じる人もいるでしょうが、とても重要なのです。


というのは、会社や店舗などに設置している業務用エアコンの室外機の音がうるさいというクレームを受けるということが増加しています。室外機がうるさいと言われてしまうとすぐに交換することも出来ませんし、業務用エアコンはとても高価なので気軽に買い替えられるというものではありません。そのようなクレームを近隣の住民から受けないようにするためには、業務用エアコンの運転音が可能な限り静かなものを選ぶようにするしかありません。


まずは、業務用エアコンの室外機を設置する場所の周辺に住宅や他の建物があるかどうかを確認しておきましょう。何もないという環境であれば大きな心配はいりませんが、あるという場合には、製品情報に記載されている運転音のレベルがどの程度なのかを確認してから購入するようにしましょう。余計なクレームを避けるためにも重要です。

i 業務用エアコンの計画的な入れ替えについて

業務用エアコンの寿命は一般的に約10~15年と言われています。業務用エアコンの導入には業務用エアコン本体と工事費を含めてかなりの金額がかかりますので、計画的に準備をしておく必要があります。既存の業務用エアコンが壊れた場合のことを考えておく必要があります。業務用エアコンの心臓部と呼ばれているのが、コンプレッサーです。


これが故障してしまうと、馬力などにもよりますが、20万円前後の修理費がかかるということもあります。いきなり、修理費用として20万円かかると言われてしまってはかなりの出費ですし困惑してしまうことでしょう。あらかじめこのようなことも想定して計画的に資金をためておくのがおすすめです。


業務用エアコンの場合には、コンプレッサー以外の部品が故障してしまうということもあります。ただし、10年以上経過しているという場合には、代わりの部品が調達出来ないということもありますので、そのようなリスクもしっかりと考えておく必要があります。業務用エアコンの故障のリスクも考えながら計画的に業務用エアコンの入れ替え計画を作成しておくようにしましょう。準備をしておけば、もしもの時でも安心です。

i 業務用エアコンの災害時のトラブルについて

近年日本では大型の台風や大雨、地震などが頻繁に発生しています。それらの災害時には業務用エアコンにもトラブルが起こりがちです。そんな時に起こりがちなトラブルと対処法について紹介します。まず、大型の台風や大雨、地震などの際には基本的に業務用エアコンの使用は行わないようにしましょう。故障が発生してしまう可能性があるからです。強風によって室外機のファンが破損してしまうなどや大雨によって浸水してしまうということも想定されます。


また、一番起こる可能性が高いのが室外機が転倒してしまうというケースです。このような場合には絶対に自分で起こさないようにしましょう。室外機には室内機と接続されている冷媒管があります。無理矢理引き起こそうとするとこの冷媒管が損傷してしまいそこから冷媒ガスが漏れだすという危険性があります。


この冷媒ガスに触れてしまうと怪我をする恐れがありますので、絶対に自分で室外機を元に戻そうとするのはやめましょう。このような場合にはまずは、近くの修理店などに依頼をして異常がないかどうか確認してもらう必要があります。見た目では外傷がないように見える場合でも内部で損傷しているということもあります。注意が必要です。

i 業務用エアコンの人気メーカーはどこか?

業務用エアコンを販売しているメーカーは何社かあります。例えば、ダイキン、三菱電機、三菱重工、日立、Panasonic、東芝などがよく知られているメーカーです。このメーカーの中でもシェア約40%以上を誇る人気を集めているのがダイキンの業務用エアコンです。極端に言えば、業務用エアコンの約半分くらいはダイキンの業務用エアコンと言えます。


業務用エアコンのメーカーは何社かあるのに、なぜダイキンだけがこのように人気を集めているのでしょうか?まずは、ダイキンの業務用エアコンは非常に品質が良い、バリエーションが豊富であるという点が挙げられます。その他には、アフターサービスが充実しているという点があります。24時間365日メーカーと連絡が取れるというのは、ユーザーからするととても安心感があります。万が一の時でもすぐに連絡が取れるのはやはりとても大きいです。


そのため、業務用エアコンを選ぶ時にはダイキンしか選ばないという人もたくさんいます。業務用エアコンの選び方は色々ありますし、価格で選ぶという人も多いのですがメーカーで選ぶという人もかなり多いです。業務用エアコン選びに迷ったら、ダイキンの業務用エアコンを選択してみてはいかがでしょうか?おすすめです。

i 業務用エアコンの設置はなぜ夏を避けるのが良いのか?

業務用エアコンを設置するほとんどの人が、夏に設置を行なっていると言われています。しかし、業務用エアコンの設置を夏に行うのは絶対に避けるようにしましょう。なぜ、夏場を避ける必要があるのでしょうか?一番大きな理由は業務用エアコンの設置までに日数がかかることが多いためです。業者の一番忙しい時期なのでどうしても混雑してしまいます。その結果1ヶ月以上待たされるというケースも少なくありません。近年の日本の暑さを考えた場合に、1ヶ月以上も業務用エアコンが使用できないということを考えるとそれだけでもかなり過酷であるということがわかります。体調を崩してしまうという危険性もあります。


また、工事日が遅くなるというだけでなく、商品も一番売れる時期になるので、商品の確保が難しくなるという場合もあります。人気のメーカーや人気の機種などは品薄状態でなかなか入荷しないということも考えておかなければなりません。


このような状況を避けるためには、まず業務用エアコンの設置を夏に行わないようにすることが大切です。夏以外の時期であれば工事を待たされるということや、商品が品薄になるということもあまりないので、安心です。ぜひ、夏は避けるようにしましょう。

i 業務用エアコンおすすめリンク

 

リースの業務用エアコンなら有限会社新空調がおすすめ!低価格で安心、スピーディーに業務用エアコンを取り付けましょう!
Page Top